商社マン 山之内 仁のホント話

総合商社に勤務するバブル入社組 山之内 仁が、仕事のこと、自分のこと、家庭のことを自由に書き綴るメッセージブログ。

失敗の本質

毎年この時期になると、

第二次世界大戦関連のTV特集があります。

 

なぜ日本は米国に負けたか?という質問より先に、

なぜ日本は戦争を始めたのか?という質問の方が妥当でしょう。

 

小池都知事推薦本、「失敗の本質」を読めばその理由がわかります。

村社会・農耕民族である日本人特有の本質である、

「暗黙の了解」「空気を読む」「出る杭は打たれる」

で日本は誰の責任で命令が下るかさえ不明確なまま、

大戦後半には敗戦に次ぐ敗戦を重ねていった。

 

その日本人の本質は、残念ながら今の世も変わっていません。

組織において、偉くなればなるほど部下の勅言に耳を傾けるべきだが、

日本企業では、上司は空気を詠む部下を重宝する。

それが大企業になるほど顕著であり、誰も上司の暴走を止められなくなる。

家電メーカー等の相次ぐ不祥事や経営危機はその最たるもので、

総合商社の中でも、ワンマン社長がその座に8年も居続けて、

巨額の中国投資案件の目算が外れて四苦八苦している会社もある。

決算は史上最高益を計上しているが、実態との乖離は拡がっている。

 

すべては経営上層部の保身のため、組織維持のため、その泥をかぶるのは

社員や株主である。まったく不条理である。

 

戦後、日本を占領下にしたマッカーサーは、

「日本人のレベルは12歳程度だ」と言ったそうだが、全くその通りである。

そして今も変わっていない。

 

長いものに巻かれない、

自分の意見を持ち相手に伝える、

 

そういうプリンシプルを持つ日本人を一人でも増やしたい。

 

山之内仁